ライブハウスのドリンク代を納得して気持ちよく払えるように考えてほしいこと

スポンサーリンク

ライブハウスの定番として、ライブのチケット代と別に500円程度のドリンク代を入場時に支払います。

慣れてくると特に違和感もなく支払っちゃうんですけども、冷静に考えるとこのドリンク代ってシステムどうなのかなって思うことがあります。

ライブハウスの営業形態だとかもそうだし、カラオケ店とかのワンドリンク制みたいなものと思えば理解もできますし、ライブハウス側の売上とかを考えるとたしかに必要なのかなとも思います。

経営がうまくいかないとライブハウスもなくなってしまうわけで、個人的にはドリンク代自体を払いたくないわけではないですしむしろ応援したい気持ちもあります。

とはいえです、明らかにボッタクリ価格で提供されるのもなんだかなーって思いますし、もう少し気持ちよく払うことができればなーって考えちゃうんですよね。

ということで今回はライブハウス特有といってもいい、ドリンク代について考えていきます。

スポンサーリンク

ドリンク代が高い!

ドリンク代自体はあってもいいと思いますが、一方でドリンク代が高いなぁとも感じています。

一般的にドリンク代は500円程度、最近は600円に値上げするところ増えてきましたね。

ドリンク代を気持ちよく払えない大きな理由の一つですよね、ドリンク代が高いのって。

500円も払ってソフトドリンク一杯というのはさすがになぁと思ってしまいますし、ライブハウスによってはペットボトル一本を渡されるだけだったりもします。一本500円も600円もするいろはすって一体……。

アルコール飲む人ならギリ許容できるのかなってレベル。ビール一杯500円ならまだね、そこまで高いってこともないですもんね。

入場時に一律で500円徴収するってやり方は、たしかにライブハウス側からすればお金のやり取りが簡潔に済みますし合理的ではあると思います。

でも、もうちょっと気持ちよく払えるようになるといいなーって思っちゃうんですよね。

気持ちよくドリンク代を支払うために

それではどうすれば気持ちよくドリンク代を払えるようになるのか。

ドリンク代を値下げするという方向ではなく、今の一般的な500円ないし600円のドリンク代でいくつかのライブハウスで実際にお行われている方法を参考に、これなら納得できるなーというのを紹介したいと思います。

ドリンクに特典をつける

これは主にZepp系列のライブハウスで行われていることですが、ペットボトルのドリンクを交換した際にはドリンクホルダーが一緒にもらえます。

単純にライブ中にペットボトルを落とさないためにもドリンクホルダーはあると便利ですし、普通に買っても数百円ぐらいしますからお得感すらありますよね。ライブに行った記念的なものもなりますし、個人的にもかなりいいサービスだなって思っています。

Zeppのように全国展開しているようなライブハウスじゃないとなかなか難しい部分もあるかもしれませんが、ドリンクホルダーに限らずにドリンク以外になにかグッズとか特典がついてくるというのは一つの方法としていいと思いますね。

ソフトドリンクは二杯飲めるようにする

名古屋のRAD系列のライブハウスが行っている方法ですが、入場時にドリンク代と引き換えにドリンクチケットを二枚渡され、ソフトドリンクはチケット一枚、アルコールはチケット二枚で飲むことができます。

つまり、一回のドリンク代でソフトドリンクなら二杯飲むことができるわけです。

ドリンク代を安くするというのはやっぱりライブハウスの経営的に難しい部分もあると思いますし、一方でドリンクそのものの原価自体はそこまで大きなものではないと思うので、500円で一杯だろうが二杯だろうがそこまで大きく変わらないと思うんですよね。

実質的には形骸化していますが多くのライブハウスはドリンクの持ち込みは禁止ですし、入場時に一杯と帰りに一杯と飲めれると思えばちょうどよさげですし、このあたりが妥当な落とし所なのかなと思います。

まぁ交換しないでそのまま帰っちゃって、ドリンクチケットだけ残っちゃってるってことも結構あったりするんですけどね。笑

ライブハウス存続のために

ライブハウスと出演バンド、そして観にくるファン。その他イベンターなど多くの人が関わり、みんなが持ちつ持たれつでライブハウスが存続できているのだと思います。

とはいえ、観にいく側としてはチケット代とドリンク代だけでなくグッズ代や交通費などもかかっているわけで、ライブハウス存続のためだなんて言ってもポンポンお金出せるほど余裕がある人はそうそういないと思います。

だからこそドリンク代についても一方的に搾取するような方法ではなくって、払う側も気持ちよく払えるように考えてもらえると嬉しいなと思います。

やっぱりライブハウスがないとライブは観られないわけですから、ライブハウスがどんどんなくなっていくようでは誰も幸せにはなれません。

ライブハウスが街から消えていくことがないように、これからも存続していくことを望みます。

以上、ライブハウスのドリンク代をもっと納得して払えるようになるために考えたいことでしたー。