【ライブレポ】MERRY ROCK PARADE 2018 12/22-23 DAY1-DAY2公演感想!

スポンサーリンク

今年も名古屋の冬フェス、MERRY RCOK PARADEに参戦してきました。

2018年はは祝日のからみとかで3DAYSの開催でしたが、わたしは月曜日は仕事で都合合わなかったのでDAY1、DAY2のみ参戦しました。

2日分ということで少し不完全ではありますが、わたしが参戦した分のMERRY ROCK PARADE 2018ライブレポとなります。

スポンサーリンク

MERRY ROCK PARADE2018 DAY1ライブレポ

12/22、DAY1のタイムテーブルは以下の通り。

前日、横浜へ遠征していたのもあって朝移動で名古屋にきたので、ライブを観ることができたのではBAND-MAIDからになりました。

BAND-MAID

2018年メリロ一発目はBAND-MAID。ライブを観るのは今回が初めてですね。

邦ロック界隈では珍しいストレートなメタルサウンドと手数の多いドラムがとにかく気持ちよくって、めちゃくちゃ頭振れますね。

ステージングはファンシーなメイド服姿からはなかなかイメージできないぐらいにパワフルで、MCらしいMCはほとんど挟まずに次々と楽曲を繰り出していく感じはなんというかもはや職人的というか。

結構アウェー感もありましたし、実際客入りはそこまでじゃなかったんですけど、一方で演奏のレベルとかは相当高かったですし堂々としたパフォーマンスはホントにすごかった。

むしろこのバンドの凄さってまだまだ浸透しきれていないと思うので、もっともっとこういったフェスには出ていってほしいなーと思うようないいライブでした。

BAND-MAIDセットリスト

  1. REAL EXISTENCE

  2. you.

  3. the non-fiction days

  4. FREEDOM

  5. glory

  6. Play

  7. DOMINATION

BIGMAMA

Treasure05X以来のBIGMAMA。今回は全体的にロックテイストの曲が多くって、いつものシンフォニックな感じよりもロックバンドらしさが強かったなーと思います。

特筆すべきはやっぱりシンセカイを演らなかったことですよね。その分新譜からの楽曲が多かったですし、今回のライブはいろいろと新しいことをやっていこうという思惑があったのかなって思いますね。

ただ、シンセカイがなかっただけで秘密やMUTOPIAなどの最近の定番曲自体は揃っているので、いつものBIGMAMAらしさもしっかり出ていました。

個人的には、BIGMAMAのライブは秘密が聴けたらもういいかなーってぐらいにこの曲が好きなので、基本的には満足できちゃうってのはあれなんですけども。

BIGMAMAセットリスト

  1. Strawberry Feels

  2. Step-out Shepherd

  3. 秘密

  4. POPCORN STAR

  5. No.9

  6. MUTOPIA

  7. My Greatest Treasure

  8. YESMAN

BLUE ENCOUNT

BLUE ENCOUNTはいつもどおり本気のリハから。リハでKICKAS演ってくれちゃったりするもんだから、始まる前から一気にテンション爆上がりですよもう!

本編では二曲目にまさかのHEART!いやいや、さすがにここで聴けるだなんて思ってなかったのでめちゃくちゃ盛り上がってしまいましたよ。このあとにもっと光を演ってくれたのもグッド。

最新曲のFREEDOMも聴けたし、ライブ自体はどの曲も盛り上がるやつばっかで相変わらずの熱いライブを観せてくれました。

一方で、ブルエンは観る機会が多かったからってのもありますけど、フェスの楽曲がちょっと固定されすぎてる感がありますよね。

もちろんフェスで演る楽曲ってやっぱり人気曲に偏るってのはわかるんですけども、もうちょっと遊んでくれても良いんじゃないのかなーなんて思うのはちょっとわがままかなとも。ライブ自体には文句はないですし大満足なんですけどね。

BLUE ENCOUNTセットリスト

  1. Survivor

  2. HEART

  3. もっと光を

  4. LAST HERO

  5. DAY×DAY

  6. FREEDOM

  7. VS

Crossfaith

ブルエン終わってから駆けつけたCrossfaith。わたしが入った頃にはもうすでにCatastropheは終わって、Monolithを演ってる最中でした。

次のフォーリミに走りたいのもあって、いつもなら前に行って暴れるところを我慢して後ろでまったり観てました。ただ、後ろで観てるのも好き勝手にヘドバンしたりできるので全然ありですね。むしろ楽しい!

ビールを開ける音をマイクに拾わせたりジャックダニエルぶっかけたりするのはもはやいつものCrossfaithの光景ではあるんですけども、いやそれはそれでどうなんだって感じでもあるんですけど。

全体のセットリスト的にはまぁフェスらしいなって感じではあるんですけども、途中からSystem X流してからのXenoは普段あんまり演らない感じで新鮮でよかったですね。最近のライブでXeno演ること自体結構珍しい気もしますし。

後ろで大人観してても全然楽しめましたし、前だろうが後ろだろうがどこで観てても熱くなれるライブしてくれますしCrossfaithのライブはなんだかんだで安定してクオリティ高いですよね。

Crossfaithセットリスト

  1. Deus Ex Machina

  2. Catastrophe

  3. Monolith

  4. Freedom

  5. Make A Move

  6. System X

  7. Xeno

  8. The Perfect Nightmare

04 Limited Sazabys

去年のメリロでは初日のトリを務めてくれた04 Limited Sazabys

今回はなにかと波乱続きで、初っ端から登場SEが止まるハプニング。会場もん?仕込みか?なんて戸惑ってたもののすぐにクラップで返すと改めて流れ始めるSE。

最初のmessageからなんか音がしょっぱくないか?なんて思ってたらよくよく見るとまさかの三人体制。立ち位置もなんかおかしい。このときは実は知らなかったんですけども、事前にRYU-TAがインフルエンザで出演できないってTwitterなんかでアナウンスされてたみたいですね。

ただこのあたりはフェスの醍醐味というか、困ったときは助け合うのがバンドマン。ブルエン江口とビーバーの柳沢がそれぞれ助っ人に。助っ人よりも目立とうとする田邉がなんか相変わらずだったりも。笑

なかなかこういったステージを観る機会もそうそうないとは思うんですけど、RYU-TAがいない分HIROKAZが頑張って声出して煽ってたりして、イレギュラーだからこそ観られる姿があってよかったですね。

セットリストはいつもどおりというか、最近よりも少し前のフォーリミって感じ。でもHorizonが聴けたのはめちゃくちゃ嬉しかった!これはリクエストしてくれた柳沢に感謝だなー。

大人しく後ろで観てようかななんて思ってたのに結局サークルに突っ込んじゃってたので、やっぱりフォーリミのライブは熱くさせられちゃいますね。

04 Limited Sazabysセットリスト

  1. message

  2. monolith

  3. My HERO

  4. fiction

  5. escape

  6. Horizon

  7. Squall

  8. swim

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント

coldrain

DAY1のトリを飾るのは地元名古屋のcoldrain

coldrainはホントにトリがよく似合うバンドというか、相応しい存在感がありますよね。演出もほかよりも豪華でレーザーや火の特効なんかもガンガンに使われてて、またそれがcoldrainにはよく合うんですよね。

相変わらずのハイクオリティのライブで、頭振れるしサークルで走り回れるしでホントに暴れ甲斐があります。

ゲストも多数登場してくれて、NO ESCAPEではBIGMAMAの真緒さんが、DIE TOMORROWではサバプロのYoshさんが、THE REVELATIONではCrossfaithのKoieさんがそれぞれステージに出てきてくれたりとめちゃくちゃ豪華!

MCではジャンルやシーンもぜんぜん違うフォーリミに対して地元名古屋を代表するバンドとしてバチバチに意識しているようなことを話してくれるのがなんかすごく嬉しかったりもして。

近い内に名古屋でフェスやります!なんて予告もしてくれて、coldrainがブッキングするフェスなんてどう考えてもヤバイことになるしめちゃくちゃテンション上るし妄想捗りまくりですよマジで!!!

熱いライブだけじゃなくっていろいろと嬉しいこと尽くしの最高のトリでした。

coldrainセットリスト

  1. ENVY

  2. FEED THE FIRE

  3. NO ESCAPE

  4. FIRE IN THE SKY

  5. DIE TOMORROW

  6. BURY ME

  7. REVOLUTION

  8. THE REVELATION

Encore

  1. FINAL DESTINATION

MERRY ROCK PARADE2018 DAY2ライブレポ

12/23、DAY2のタイムテーブルは以下の通り。

この日は一番最初のあいみょんからしっかりと入ることができました。

あいみょん

DAY2のスタートはあいみょんから。去年まではORB GARDENだったので、そこから一気に一番大きいBLESS STAGEまできちゃってるのは素直にすごい。2018年は紅白にも出ちゃったりするわけですからね。

あいみょんの曲は数曲しか知らなかったんですけども、なんというかすごく空気の変わるライブをするよなーって印象。

サウンド自体は激しいわけではないんだけども、吐き出す感情だとかそういったものがすごく激情的で。

歌ってること自体はニッチというかメインストリームに上がってくるような感じではないのにここまできてるってのは本当に凄いことなだよなぁって思いますし、それを感じさせてくれるライブでしたね。

あいみょんセットリスト

  1. 生きていたんだよな

  2. 今夜このまま

  3. 愛を伝えたいだとか

  4. 君はロックを聴かない

  5. 貴方解剖純愛歌 〜死ね〜

  6. マリーゴールド

Fear,and Loathing in Las Vegas

フェスという場がこれほどまでに似合うバンドはなかなかいなんじゃないのかなって思うのがこのFear,and Loathing in Las Vegas

なんというか全力で楽しめるライブっていうとやっぱりベガスだよなーってなります。

頭振れるし踊れるし飛び回れるし、熱いロックってのとは少し違ってくるもののとにかく楽しいのがベガスのライブなんですよね。

この日のライブももちろん良かったんですけども、Return to Zeroがなかったのはちょっと残念だったり。パラパラ踊りたかった……。

Fear, and Loathing in Las Vegasセットリスト

  1. Acceleration

  2. Greedy

  3. Keep the Heat and Fire Yourself Up

  4. LLLD

  5. Party Boys

  6. Love at First Sight

岡崎体育

岡崎体育のライブもベガスに負けじとすごく楽しい!

定番の足踏みからのFRIENDSで笑わせられて、感情のピクセルでは激しくうんぱっぱしたり。熱いMCなんかもあったりと、音楽だけじゃなくって楽しい要素がめちゃくちゃ詰まってます。

ただ、ちょっと気になったのが全体の流れが去年とほぼ一緒だったなーってところ。去年はWalk Of Deathを演ったりはしたけども。

とはいえライブ自体はホントにめちゃくちゃ楽しかったですよ、もちろんね。

岡崎体育セットリスト

  1. Stamp

  2. R.S.P

  3. FRIENDS

  4. 感情のピクセル

  5. The Abyss

ACIDMAN

個人的にはどうしても懐かしいってなっちゃうACIDMAN

赤橙だとか造花が笑うあたりが聴けないかなーなんて期待してたんですけどそのへんは演ってくれなかったのはちょっと残念。

ただACIDMANってホントにロックバンドらしいロックバンドというか、打ち込みだとか同期だとかはほとんど使わずに自分たちの楽器の音だけでライブする姿ってそれだけでめちゃくちゃかっこよくって。

これほど硬派なロックバンドってなかなかいないので、ACIDMANのライブが観られたのは素直に良かったなって思います。

ACIDMANセットリスト

  1. 新世界

  2. MEMORIES

  3. ミレニアム

  4. ある証明

  5. 世界が終わる夜

ヒステリックパニック

今年のメリロで個人的なベストアクトに挙げたいのがヒステリックパニックのライブでした。

もうね、ホントにMCがめちゃくちゃ熱くって。フェスは見本市でしかなくって、ライブハウスにこそバンドの本質が有るからそこにきてほしいってはっきり言ってくれたのがすごく嬉しくって。

他にも地元名古屋のバンドだから呼ばれてるわけじゃない、地元だからこそプレッシャーになるし本気のライブをしないといけないだとか、あれヒスパニってこんなに熱いバンドだっけ?って思わせられるぐらいに言葉が突き刺さってきて。

最初はね、ちょっと後ろのほうでまったり観てたんですけども、もう心を揺さぶらっれまくっちゃって気づいたらうそつきのWODで突っ込んじゃってましたよね。みんなで大人に怒られよう!なんて言われたらはーい!って一気にテンション上がっちゃったよね。

すごくライブも良かったし、なんならこの日のライブ観てその場で年明けのZeppNagoyaのチケット取りましたからね。ホントにすごくいいライブでした。

ヒステリックパニックセットリスト

  1. 絶対×絶命

  2. ガチ恋ダークネス

  3. GO! GO! MANIAC

  4. Love it!

  5. うそつき。

SiM

なにげにライブハウス以外で観る初めてのSiM

Blah Blah Blahからのスタートでもうテンション一気に跳ね上がって、この日一番の暴れどころってことで最前付近まで一気に突撃!

3日連続でライブだったのでもう喉限界で声ガラッガラだったんですけど、それでも明日のことなんてもう気にしないわってレベルで思いっきり声張り上げて楽しみました。

MAHさんが、メリロはダイブ禁止だけど、だからこそめちゃくちゃヤベェライブやるぞ!なんてこと言っててたしかにテンションは上がるんですけども。

すでに一曲目のBlah Blah Blahのときからダイバーはいたわけで、それを言うならダイブするんじゃねぇってのもしっかりと言ってほしかったりも。

AmyではツーステしたりGUNSHOTSでモンキーダンスしたり、KiLLiNG MEでは観客をステージに上げてギター弾かせたりと、たしかにダイブなしでもめちゃくちゃ楽しめるライブを演ってくれたのでそこは素直に流石ですけども。

ライブ自体はめちゃくちゃ楽しかったけども少しだけモヤモヤしたものが残っちゃいましたね。

SiMセットリスト

  1. Blah Blah Blah

  2. Faster Than The Clock

  3. I HATE U

  4. Amy

  5. GUNSHOTS

  6. MAKE ME DEAD!

  7. KiLLiNG ME

[ALEXANDROS]

去年のメリロ、今年のトレジャーと参戦しているにも関わらず初めて観る[ALEXANDROS]

ドロスはあんまり聴いてきてないこともあってそんなにいいイメージはなかったんですけども、ライブ観たら一気に印象変わりましたね。

なんというか小洒落たロックを演ってるってイメージだったんですけども、しっかりとゴリゴリにロックな曲もあるし、なによりもどの曲もこういったでかい会場で鳴らすことを想定したサウンドというかスケール感があるんですよね。

ドロスが各地の多くのフェスで何度もトリを任せられている理由がわかった気がします。

さらにはアンコールを待たずに、ステージからも下がらずにアンコールを演っちゃう破天荒さも。笑

今まで観てこなかったのがホントにもったいなかったなぁって思わせられました。

[ALEXANDROS]セットリスト

  1. LAST MINUTE

  2. For Freedom

  3. Starrrrrrr

  4. Waitress, Waitress!

  5. FISH TACOS PARTY

  6. Mosquito Bite

  7. Kick&Spin

  8. アルペジオ

MERRY ROCK PARADE2018を終えて

メリロ二日間、とりあえずはめちゃくちゃ楽しめました!これだけのバンドが揃ってるんでそりゃ楽しめないわけがないよなっていう。

一方で、今回はポートメッセの改修があったからか動線がひどいもんで、ライブ以外の面でのストレスが溜まることが多くって。

それと今年は祝日の絡みだとか5周年とかってのもあっての三日間開催だとは思うのですが、やっぱり三日間とも参戦はなかなかしんどいものがありますし観たいバンドもバラけちゃうしで開催日数をいたずらに増やすのはあんまり良いものではないよなぁって思うんですよね。

それこそフェスは基本一日開催で良いんじゃね?って思ってるぐらいなので。収益面なんかを考えたら難しいのもわかるんですけども……。

来年は二日開催に戻ると思いますので、とりあえずは動線の改善はお願いしたいですね。あとはあれかな、NOELからBLESSだけじゃなくってBLESSからNOELの間も客席移動時間設けてほしいなぁ。やっぱ移動に時間かかっちゃいますもん。

そんな感じで、ライブ以外にはいろいろと改善をお願いしたい部分のあるメリロですが、地元愛知でこれだけの規模のフェスをやってくれるってだけでかなり有り難いのは間違いないですし、ライブ自体はめちゃくちゃ楽しめたことはあらためて強調しておきたいと思います。

以上、MERRY ROCK PARADE 2018 DAY1-DAY2公演ライブレポ!でしたー。