一人でライブに行くぼっち参戦は寂しい?浮かない?楽しい!?疑問に答えます!

スポンサーリンク

楽しい楽しいライブ参戦、みなさん誰と行きますか?

わたしは友人と行ったりもしますが、最近では一人でライブに行くぼっち参戦もかなり増えてきました。

それこそ誰かと行くよりも一人で行くほうが多いぐらい。もうすっかりぼっち参戦にも慣れちゃいましたね。笑

とはいえやっぱり初めてのぼっち参戦はいろいろと不安もあると思いますので、ありがちな疑問に答える形で実際のライブのぼっち参戦はどんな感じか紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ぼっち参戦は浮く?

みんな友達とかと一緒に来てるだろうし一人だと浮かないかな……?なんて考えてしまって、ぼっち参戦だとなんとなく周りの目が気になってしまうこともあると思います。

これはもう確実に自意識過剰です。周りの人達は自分たち以外のことなんてまったく気にしていません。気にするだけムダです。

もちろん、よっぽど奇抜な格好だとか明らかに場違いな格好をしているようだとさすがに浮きますし、悪目立ちしてしまうこともあるでしょうがそれはもう一人かどうかとはまた別の話です。

むしろ周りを見渡してみれば、意外と同じようにぼっち参戦の人がいることに気づくのではないでしょうか。

勇気があれば同じようにぼっち参戦らしき人に話しかけてみてもいいかもしれません。ぼっち参戦仲間を作って脱ぼっち参戦!わたしはチキンなのでいまだにできませんが。笑

ぼっち参戦は寂しい?

ぼっち参戦だとやっぱり少し寂しいなって思うこともあります。

開演前の待ち時間だったり、物販列に並んでいる間だったり。主に待ち時間の間ですね、話し相手がいれば待ち時間も苦じゃないのにな……って少し寂しくもなります。

フェスのぼっち参戦なんかだと空いた時間なんかは結構時間を持て余したりするので、そういうときは誰か話し相手がいたりすると気が楽ではありますね。

ただ、友達と一緒に参戦したときでもお互いがスマホばっか触っていて全然会話がなかったりと、ぶっちゃけ一人でも変わんないんじゃ……ってことも結構あるんですよね。

寂しく感じるのはどうしようもありませんが、誰かと一緒だからって待ち時間が短くなるわけでもないですしそんなに大差ないと思うんですよね。

それこそ慣れですよね。寂しいかもしれませんが適当にスマホでも触ってれば大して気にならないようになります。。

ぼっち参戦は気が楽!

慣れてくるとぼっち参戦のほうがはるかに気が楽です。

ライブに一緒に行く友人誘って、集合場所だったり時間だったりを決めて、終わったあともどこで集合するだとか決めたりだとか、ぶっちゃけいちいちめんどくさくないですか?笑

自分の行きたいライブに、行きたい時間に行って終わったらすぐ帰ってもいいし適当に食べたいもの食べてもいいし寄り道して帰ってもいい。

結局、全部自分の都合で動けるぼっち参戦はめちゃくちゃ気が楽なんですよね。

ライブが始まっちゃえばぼっち参戦なんて関係ない!

ぼっち参戦がどうこうなんてのは、正直なところライブが始まっちゃえば関係ないんですよね。

特にライブハウスなんかのスタンディングのライブなんかだと、わたしは動きの激しい前の方で観るタイプなので友達と一緒に行ったところですぐにはぐれてしまいます。

そもそも音楽を楽しみに行っているわけで、誰かと一緒かどうかってのは個人的にはどうでもいいんじゃないのかなーと。

感動を友達と共有したいなんて気持ちもわからなくはないんですけども、ムリに誰かを誘って一緒に行っても感動を共有するの難しいですよね。

指定席のぼっち参戦はちょっと寂しい……

ぼっち参戦に慣れてきたわたしでも、指定席のライブのぼっち参戦はちょっと苦手ですね……。

指定席の場合、友人と来た人達はだいたい隣通しで座るわけじゃないですか。そこにぼっち参戦すると、友達連れできた人達に挟まれちゃうことになるんですよね。ちょっとこれは寂しい……。

とはいえライブが始まっちゃえば全然気にはならないですし、なんなら一緒に盛り上がっちゃえばいいってのもあるんですけども。

なんにせよ開演までの待ち時間だけが手持ち無沙汰で寂しくなっちゃうのはありますね……。

参戦数を増やせば増やすほどぼっち参戦が増える

2018年は合計30本近いライブに参戦しましたけど、参戦数を増やせば増やすほどぼっち参戦が増えましたね。笑

数を増やすほど日程が合わない、好きなバンドが合わないなどいろいろと友人と一緒に行くのが難しくなる理由はでてきますが、なによりも月に何回も友人と誘い合わせてなんやかんや調整とかするのがめんどくさいんですよね。笑

ましてや遠征だとなおさらですよね。一人ならサクッと動けても、誰かと一緒に行動するとなると決めなきゃいけないことが多くなりますし。

結局、気が楽ってところに戻っちゃうというか。行くライブの本数が増えれば増えるほどめんどくさいが先にくるようになっちゃんですよね。

たぶん、よっぽど好きなバンドの趣味が合うだとか生活パターンが同じって人が周りに何人もいない限り、参戦数が増えれば増えるほどぼっち参戦は増えることになります。

一人で行くのしんどいなぁ誰か誘わなきゃって毎回やるよりは、ぼっち参戦になれたほうが絶対いいですね。そんなにきついもんでもないですし。笑

まとめ:ぼっち参戦を楽しもう

寂しいとか浮くだとか、特にぼっち参戦が初めてだといろいろと不安になる気持ちはあるとは思いますけども結局は楽しんだもん勝ちというか。音楽が楽しめるかどうかと誰と一緒にいるかってのは全然関係ないんですよね。

それこそぼっち参戦自体を楽しめるようになればもうこっちのもので、とりあえずぼっち参戦を実際にやってみようぜ!ってわたしは声高に言いたいですね。

逆に精神的なハードルを一回超えちゃったらどんどん一人でライブ行くようになっちゃうと思います。わたしがそうでしたから。笑

行きたいライブがあればガンガン行っちゃいましょう!一緒に行く人がいないし……なんて言ってたらホントにもったいない。忘れがちですけど、そのバンドがライブを演ってくれるってのは全然当たり前じゃないんです。いつそれが最後のライブになるかなんて誰もわかんないんですよ。

わたしがぼっち参戦を勧める大きな理由のひとつでもあります。せっかくの機会を逃してほしくないんですよね。行きたいライブに行けるのなら行くべき。行かなくって後悔するぐらいなら、多少無理してでも行ったほうが絶対にいい。

一緒に行く人がいないからって理由で行きたいライブを諦めてしまわないように、ぜひともぼっち参戦をオススメします。

以上、一人でライブに行くぼっち参戦が楽しい!寂しい?浮かない?疑問に答えます!でしたー。