ヒステリックパニックはアルバム「サバイバル・ゲーム」で一気に売れちゃうかも!?

スポンサーリンク

名古屋を代表するエクストリームJ-POPバンドヒステリックパニックが、3年ぶりのニューアルバムサバイバル・ゲームをリリースしました。

定期的にEPやミニアルバムのリリースはあったので、リリース自体は久々という感じではないですし3年ぶりと聞くとちょっと驚くぐらいですが、このサバイバル・ゲーム相当いいアルバムです。

特に今回は明確に売れようというヒスパニの意思を感じます。いやいや、これはマジで売れちゃうかもしれないぞ?

スポンサーリンク

ヒスパニの良さを突き詰めたアルバム

売れようとしているかといって、じゃあ今どきの流行りに乗っかっているのかというと全然そんなことはなくって

ロックファンってそういう匂いに敏感ですし、だからこそバンド側も売れたいけど流行にはのらない、自分たちの音楽で売りたいみたいに考えることが多いんですよね。

同様に今回のアルバム、明確に今までのヒスパニと比べて大きく変わったかといえばそんなことはありません。

ただ、全体的にシンプルになったというか、ヒスパニのもともと持っていた要素をわかりやすくメリハリをつけて打ち出してきたように感じます。

ヘヴィな曲、ゴリゴリにシャウトの入っている曲もあればポップな曲にエモい曲、ユーモアもサブカル臭さも決して消えてしまったわけではなくって。

ただ、どの曲も本当に聴きやすくなっているんですよ。今までのヒスパニってちょっとひねくれていたというか、キャチーなメロディでもちょっと変化球を織り交ぜるみたいなことをよくやっていました。

ポップな曲でもゴリゴリなブレイクダウンを挟み込んだり、なんというか売れ線により過ぎないようにブレーキをかけていたというか。

このあたり、それこそ自分たちの代表曲になってきたとメンバーが語るLove it!あたりから形になってきたように思います。無理にいろんな要素を詰め込まなくてもヒスパニらしさは出るし、十分ファンにも届いています。

キャッチーな部分はしっかりキャッチーなままで、かっこいいところはしっかりかっこよく。

Tack郎さんのハイトーンも変にクセをつけずに聴きやすくただただ気持ちよく、ともさんのシャウトやラップもそうだし、$EIGOさんのコーラスも、ヒスパニのもともと持っていた爽快な部分をメリハリよくそのままストレートに出してきているというか。

Painkillerアウトレイジのようなラウドな曲もヘヴィではあるけど曲自体はシンプルですごく聴きやすくなっていて、これまでコアな音楽にあまり触れてこなかった人でも十分聴けるようなちょどいいところに落ち着いているように感じます。

ただただ売れ線に走ったというよりも、ヒスパニがもともと持っていた気持ちいい部分を全面に押し出すことで今までのヒスパニらしさを持ちつつも売れそうなアルバムに仕上がっているんじゃないかなと。

たぶん今までは恥ずかしくってできなかったようなことを、今作ではしっかりとさらけ出しているように感じるんですよね。たぶんこれも彼らなりのバトルの一つなんだなと思います。

今までできなかったことをやるというのはそりゃ簡単じゃないですし、それこそ自分との戦いですからね。

ヒスパニしかできない音楽

例えば、もしかしたらこのアルバムを聴いてヒスパニ丸くなったなって思う人もいるでしょう。たしかにゴリゴリなヒスパニを求めてる人からすれば物足りなく感じるかもしれません。

でも違うんですよ、これがメンバー自身が言っていることでもありますが、ゴリゴリなロックを聴きたいだけならヒスパニである必要がないんですよね。

ラウドな部分はあくまでヒスパニにとって一つの側面でしかなくって、ポップな部分やエモな部分なんかも全部ひっくるめてヒスパニなんですよね。

それこそヒスパニって技術もあるバンドですしホントにやろうと思えばなんでもできちゃうんですよ。でも、なんでもできるバンドってなかなか自分たちの音楽に辿り着けなかったりするんです。

そんな中でヒスパニはこの5人でしか成立しない音楽を確立しているし、ただ技術があるだけのバンドじゃあ絶対に真似できないんですよね。

だからこそこのサバイバル・ゲームは正しくヒステリックパニックだと思いますし、ヒスパニにしかできない音楽になっていると思います。

ブラックホール・ベイビーはヒスパニを変える曲になるかも?

特に今作でビビッときたのがブラックホール・ベイビーです。この曲、もしかしてヒスパニを本当に変えちゃうんじゃないかなって思います。

アルバムに先立ってMVが先行配信されたのもあって、今作をめちゃくちゃ期待させた曲でもあります。

クールなサウンドにノリやすい踊れるビート、ともさんのラップに$EIGOさんコーラスにTack郎さんのサビ。ヒスパニ持ち前のネガティブな雰囲気もありながらも、少しずつでも前に進んでいこうというポジティブな雰囲気があるのは今作ならではかな。

ブレイクダウンなどもなく、純粋にエモーショナルな曲に仕上がっていて、例えばフェスなんかで初めて観た人を惹きつける力のある曲だと思います。

これから冬フェスシーズンにもなってきます。今年の冬フェスにヒスパニがどれだけ出演できるかはわかりませんが、まさに勝負のシーズンといっていいのではないでしょうか。

これからツアーも始まりますしね。イベントでたくさんの人にサバゲーをぶっ刺して、自分たちのツアーでも対バン目当てできたお客さんたちにも思いっきり叩き込んでやっちゃってほしいですね!

ヒステリックパニック/ ブラックホール・ベイビー (歌詞字幕付き)

安心してヒスパニ売れちゃっていいよ!

ヒステリックパニックというバンドはすでに何年もメジャーシーンで戦ってきていますし、ロックファンの中ではそれなりに知名度もあると思います。

それこそ、ファン目線ではありますがバンドの実力を考えるともっと人気があってもおかしくないと思うぐらいです。あとはブレイクのきっかけだけなんじゃないかなと思うんですよ。

だからこそこのニューアルバム「サバイバル・ゲーム」がそのきっかけになればいいなと思いますし、ブラックホール・ベイビーがその一番槍となってくれたらなと期待しています。

ファンとしてはもっともっと先を見せてほしいですし、安心して売れてくれちゃっていいんですよ、ヒスパニちゃん。

年始に恒例となっているZeppNagoyaやダイアモンドホールでの名古屋の大箱ライブも、パンパンに埋まってる光景を観たいしそれができるバンドだと思っています。

売れる売れないだけがバンドじゃないけれど、でもヒスパニには売れてほしいんです。なによりもメンバーがそれを望んでいるから。期待しています!

以上、ヒステリックパニックはアルバム「サバイバル・ゲーム」で一気に売れちゃうかも!?でしたー。