【ライブレポ】Crossfaith「ONE MAN TOUR 2019 – EX_MACHINA CLIMAX -」3/19ZeppNagoya公演感想!

スポンサーリンク

CrossfaithのONE MAN TOUR 2019 – EX_MACHINA CLIMAX -3/19ZeppNagoya公演に参戦してきました。

フェスだったり主催イベントだったり対バンありだったりのCrossfaithは何度も観てきましたが、なにげにCrossfaithのワンマンははじめてで。

まぁなんというか、いつもどおりの激しくって思いっきり暴れられるライブを想像していたんですけどね、もう想像以上にいいライブで完全に予想を上回ってくれました。

Crossfaithがハンパなバンドじゃないのは重々承知していましたが、ワンマンではさらに化けますね。圧倒的化物感。

改めて凄まじいバンドだなーって認識することになりました、さすが世界で戦ってるバンドだなーと。

というわけでCrossfaith「ONE MAN TOUR 2019 – EX_MACHINA CLIMAX -」3/19ZeppNagoya公演ライブレポになります。

## ライブレポ

本編

客入的にはもう一つかな、といったところのZeppNagoya。フロア前方は柵で絞ってあって、人が密集しやすくしてありました。

開演時間になり映画の上映前のような映像が幕に映され、Crossfaithのライブにはおよそ似つかわしくないモッシュ・ダイブ禁止のアナウンス。まぁね、こんなアナウンスがあったところでCrossfaithの音を聴いたら暴れないなんて選択肢はないし、それこそちょっとした皮肉みたいなものかなーって受け取りました。

幕が外れ、アレンジされたFREEDOMがオケで流されステージ上にはライトの光が降りそそぎ少し経ってSEのDeus Ex Machinaに切り替わります。

いよいよEX_MACHINA CLIMAXのスタートです。メンバーが順々に登場し、最後に旗を振りかざしたKoieさんが登場。いやー、この旗をもったKoieさんがマジでめちゃくちゃかっこよくって大好きなんですよね。

今回のライブではステージ後方に大きなディスプレイも設置されていて、ワンマンライブならではの豪華なセットに演出面の期待も高まってきます。

一曲目はアルバム通りの流れでCatastrophe。このあたりは前回の対バンツアーのEX-MACHINAのときと一緒ですね。

とはいえ、この曲の一気に会場のテンションをもっていくパワーって凄まじいものがあって、一気にフロアが熱くなります。

そのままDestoroyでコールアンドレスポンスをかまして、Koieさんからこういうのがほしいんやろ?と差し出されたのはJägerbomb

その後はMake a MoveWildfireとEDMテイストの曲を続けてZeppNagoyaは灼熱のクラブ状態。Wildfireの冒頭のフレーズもZeppNagoyaバージョンに変わっていて後方のディスプレイも視覚的な表現をしつつ、コールする部分ではフレーズを映してくれたりと初心者にもありがたい仕様で。

Wildfireが終わったあとは、さらにEDM色を強くしたリミックスバージョンのWildfireを立て続けに投下してフロアをガンガンに飛び跳ねさせてきます。

Crossfaithがメタルコア好き以外のキッズにウケている理由って、こういうチャラさがあるからだと思うんですよね。Crossfaithならではのチャラいメタルコア。笑

リミックスバージョンのWildfireのあとはドラムソロ。ここ最近のCrystalLakeとかリベリオンとかSiMとか大体ドラムソロ演ってくれてるので、もはやラウドバンドの恒例ですね。笑

Tatsuyaさんのドラムはテクニックはもちろん、スティックをくるくる回したりとパフォーマンスもかっこよくって。途中で上着を脱いだと思ったらめちゃくちゃいい体を披露してくれたりと見どころたくさんのドラムソロでした。

ドラムソロが終わって再度メンバーがステージに揃い、今日はワンマンだから普段演らないような曲をたくさん揃えてきているということで始まったのはRockstar Steadyのアレンジバージョン。

原曲よりも踊れるアレンジのRockstar Steadyで、Koieさんがツーステを煽ってきたりとチャラいCrossfaithは継続中でフロアをまだまだ踊らせにきます。

続いては念願かなってやっと聴けたWipeout。いやね、この曲って2018年リリースのシングルで、2018年はフェスや主催のライブ含めて結構な回数Crossfaith観てるのに一回も演ってくれなくって、やっと聴けたって感じなんですよね。

近未来的なサイバーなサウンドとディスプレイを使った視覚的な表現と相まって、チャラいだけじゃないしっかりと構築されたCrossfaithの世界観を見せつけられて。

激熱だったフロアもここで小休止、ここからはしっとりとした曲が続きます。

一緒に歌ってくれと始まったLost in youから、バックの映像がちょっとやばいくらいにエモすぎるMilestoneへと続いていきます。

Milestoneは前回の対バンありのEX-MACHIAのときにもかなり染み入るものではあったんですけども、それ以上にこの日のは別格でした。世界を相手に戦っているCrossfaithの凄まじさと、そして決して平坦ではなかったであろうその道程を思わせられるともう半端なくエモくって。

そしてここからこのライブのハイライトといってもいい、初期曲の3連発。MirrorSnake codeBlueと初期のゴリゴリシャウトまみれの曲を続けられてMilestoneからの感動がさらに極まってくるというか。

このあとはSystem XからXenoに続いていくのですがこのときのつなぎ方もディスプレイをうまく使って思いっきり盛り上げてくれます。

ここからはチャラいダンスナンバー強めだった前半とはうってかわって、ハードなゴリゴリのメタルコアを投げ込んできます。

The Perfect nightmareからSEのTwin Shadowsを挟んでDaybreak

最後にしっかりと暴れどころを残しておいてくれるのがやっぱりさすがCrossfaithだなーとか思っているとエンドロールなんかも流れはじめていよいよ映画みたいだなとか思っていると途中で映像が一気に巻き戻り最初の注意事項のアナウンスがまた始まるが内容がまた少し違って。

モッシュダイブは好きにやれ、ルールなんて無用だと自由を掲げて始まるFREEDOM。いやもうなんつーか痺れたというか、皮肉かと思った最初のアナウンスもここにきて伏線を回収するかのように繋がっていって。

最後のMonolith定番のはずなのにここまでの演出と相まっていつもとはまた違って聴こえて、もはや感動的なラストのようにも感じられて。

まるで今までのCrossfaithの集大成のようなライブで、まさにアルバムEX-MACHINAの完成を観たように思います。

セットリスト

  1. 本編
    1. Deus Ex Machina

    2. Catastrophe

    3. Destroy

    4. Jägerbomb

    5. Make a Move

    6. Wildfire

    7. ドラムソロ

    8. Rockstar Steady

    9. Wipeout

    10. Lost In You

    11. Milestone

    12. Mirror

    13. Snake code(Caribbean Death Roulette)

    14. Blue

    15. System X

    16. Xeno

    17. The Perfect nightmare

    18. Twin Shadows

    19. Daybreak

    20. Freedom

    21. Monolith

スポンサーリンク

Crossfaithのワンマンの素晴らしさ

冒頭にも書きましたが、Crossfaithのワンマンは今回が初めてだったんですけどもホントにいつものライブとはまったく別物で、ちょっと化けっぷりが凄まじくて。

ライブって音楽的な部分はもちろん視覚的なものも求められるわけで、それはステージ上でのパフォーマンスだったり様々な演出だったりするわけですけどそのどれもが完璧にワールドクラスで。

このレベルのライブのできるバンドのワンマンが日本で観られるのって実はめちゃくちゃ幸せなことなんじゃないのかなって思わせられるような、それぐらいにハンパないライブでした。

フェス常連バンドでもありますし、他のバンドのゲストなんかでも観る機会の多いバンドでワンマンとなるとなかなか観られることも少ないわけですけど、本当にワンマンライブを観てほしいバンドだなって思います。

ワールドクラスの本格的なライブに間違いなく圧倒されます。Crossfaithってバンドの凄さを改めて思い知らされましたね、ホントにいいライブでした。

以上、Crossfaith「ONE MAN TOUR 2019 – EX_MACHINA CLIMAX -」3/19ZeppNagoya公演ライブレポでしたー。