SiMのライブってどんな感じ?服装やノリ方や雰囲気、セトリ定番曲まとめ!

スポンサーリンク

SiMは高い人気のバンドなだけあってフェスなどのイベントへの出演も多く、ワンマンや主催ライブに行かずとも観られる機会も多いですしはじめて観るって人も多いのかなと思います。

あんまり曲も知らないしライブが激しそう……ってイメージもあったりで、ちょっとビビっちゃうってこともあるかと思います。

そんな方向けにSiMのライブの雰囲気や定番のノリ方、セットリスト定番曲をまとめました。

SiMのライブを思いっきり楽しむために、ぜひ予習に役立てていただければと思います。

スポンサーリンク

客層は若い世代中心にごついラウドキッズも

若い世代に人気のバンドですしライブの主な客層もやはり若い世代が中心。男女比は同じくらいかなと思います。

パンクとかメロコアのライブに比べると、いかついハードキオアだったりラウドキッズ的な人も見かけます。

若いキャッキャッした子が多い一方で、ごついお兄さんもいたりと客層はなかなか幅広いかなと思います。

ノリは激しめ、モッシュダイブにツーステスカダンス

SiMのライブはイメージ通りかなり激しめで、当たり前のようにモッシュダイブが起こります。

重たいパートでヘドバンしたりサークルモッシュにWODにラウド系の定番のものはだいたい起きますね。ハーコーも起きることがありますので、モッシュピットが開いたときはちょっと気をつけたほうがいいかもしれません。

ツーステップやスカダンスを踊れるような曲もありますので、前の方で暴れなくても後ろの方で踊ったりするだけでも楽しいですね。モンキーダンス踊れるのSiMならではです。

シンガロングやコールのある曲もありますので、定番曲をある程度押さえていくとかなり楽しめるかなと思います。

ただ、初めてでノリ方とかがわからなくてもライブ中にMAHさんがうまく煽ってくれますので、初めてでもかなり楽しみやすいと思いますね。

服装はキッズスタイルが定番、コスプレも

服装はバンドTシャツにタオル巻いた定番のキッズスタイルでいいと思います。ディッキーズ履いている人も多いですね。

あとはポロシャツネクタイスキニーのMAHさんスタイルもいますね。髪型とかまで寄せてほぼほぼコスプレだって人も。笑

基本的には動きやすい格好であればよっぽどいいかなと思います。

わたしは上はバンドTシャツ着てタオル巻いて、下は適当なジーンズとかチノパンで参戦しています。

SiM定番曲まとめ

SiMはフェスなんかではYouTubeでPVが観られるような曲を中心に演ってくれるので、予習もしやすいかなと思います。

まずは定番曲から、さらにノリ方とかを覚えておくとライブを楽しめる楽曲を中心に紹介していきます。

KiLLiNG ME

SiMといったらやっぱりこれ。圧倒的な代表曲。

イントロからツーステ踏んだりモッシュが起きたり、Aメロのsomeonetrash it、サビラストのYou’re killing meでは思いっきり声を出して叫びたい。

ブレイクダウンでは一旦しゃがませて合図に合わせてみんなでジャンプするやつがこの曲の定番。

最近はフロアからステージに上げてギターを弾かせたりも。SiMのステージに上りたい人はギターを練習していくといいかもですね。笑

SiM – KiLLiNG ME (OFFICIAL VIDEO)

Amy

日本のロックシーンにツーステップを流行らせたのはSiMだとよく言われますが、そのきっかけとなった曲がこのAmy。

この曲ではMAHさんが大抵ツーステップを煽ってくるので、それに合わせてしっかりツーステップを踏めると気持ちいいです。

Bメロのbun dem out、サビのfireとhigherのところはシンガロング。

ベースソロパートのSINさんのステージングとかも

SiM – Amy (OFFICIAL VIDEO)

Blah Blah Blah

この曲もまた声の出し甲斐がある曲で、イントロからBメロからサビまでoh na na naのところは全部声を出していきたいですね。

イントロからたくさんリフトが上がったりするし、ブレイクダウンではヘドバンしたりハーコーしたり。

ひたすら声出して体動かして楽しみたい一曲です。

SiM – Blah Blah Blah (OFFICIAL VIDEO)

GUNSHOTS

この曲ではモンキーダンスを踊るのが定番。リズムに合わせて両手を交互に上下に振り回して楽しく踊りましょう。

Bメロは腕をスイング、シンガロングも煽ってくるので歌詞を覚えて歌えるようにしておきたいですね。

この曲ではSHOW-HATEさんがキーボード弾いたりもしてるので、プレイにも注目して観たいですね。

SiM – GUNSHOTS (OFFICIAL VIDEO)

TxHxC

SiMの伝家の宝刀、この曲ではサークルモッシュが巻き起こるのが定番です。

パンキッシュなサウンドに合わせてひとしきりグルグル回ったあとは、テンポを落としてレゲエのリズムに合わせて手をスイングしましょう。

SiMの楽曲の中でも随一の暴れられる曲なので、たくさん汗かいて楽しみたいですね。

The Sound Of Breath

フェスよりも主にワンマンだとかで演奏されることの多いこの曲。

SiMって激しい曲が多いってイメージがあるとは思うしそれは間違ってはいないんですけども、この曲はかなりじっくり聴かせるタイプの曲です。

こういうゆったりした曲にこそSiMらしいレゲエサウンドがめちゃくちゃ良く合うんですよね。

ライブでは小休止的に挟まれることも多いですが、油断していると楽曲の力に一気に惹き込まれます。

SiM – The Sound Of Breath (OFFICIAL VIDEO)

f.a.i.t.h

ライブ本編ラストやアンコールで主に演奏される曲。この曲ではWODを煽ってくるのが定番ですね。手を広げながらのMAHさんの分かれろー!は必聴。

ハードコア的な要素の強い曲で徹頭徹尾、ハードに暴れまわれる一曲。思いっきりモッシュしてブレイクダウンで頭振って腕振り回したりして、最後の力を振り絞って楽しみたいですね。

SiMの個人的に好きなオススメ曲

ここからはわたしの個人的に好きなオススメ曲です。

とはいえ、結構どの曲もライブで演ってくれる頻度は高いので押えておいて損はないかなと思います。

WHO’S NEXT

目まぐるしく展開の変わっていくこの曲の感じがいかにもSiMらしいなって感じで、めちゃくちゃ好きな楽曲です。

ただ雑食ってわけでもなくって、どの展開にもSiMとしてのルーツを感じるですよね。

それでいてライブでも暴れられるし盛り上がれるし。毎回でもいいからライブで聴きたい曲ですね。

SiM – WHO'S NEXT (OFFICIAL VIDEO)

Faster Than The Clock

メタリックに疾走するハイテンポな一曲で、サビに合わせてサークルモッシュが起きることが多いですね。

この曲の前フリでMAHさんが時計の針のような動きをするのもちょっとコミカルでおもしろくって。

メタルコア的なものよりもストレートなメタルなサウンドで、そこにSiMらしさが詰まっているのがこの楽曲の特に好きなポイントですね。

Set me free

初期のSiMらしい、標榜するレゲエパンクそのものなこの曲。

新し目なSiMの楽曲はメタルコア的なサウンドが多いんですが、このあたりの楽曲はかなりパンキッシュで。

レゲエサウンドもかなり濃く詰め込まれていて、気持ちよく体を揺さぶられます。

Bメロの1.2.3のコールをしっかり合わせられるとめちゃくちゃ気持ちよくなれます。

Fall In Love With You

電話のベルから始まるこの曲、ライブでもMAHさんが電話にでるような前フリをします。

ガンガンに盛り上がれるような曲ではないんですけど、すごくメロウでエモーショナルで。わたしにとってのエモいって言葉はこの曲にこそ捧げたいぐらいで。

なんというかすごく甘いんですよね、小洒落た感じはSiMらしくないようで逆にSiMらしいというか。

SiMの音楽性の懐の深さを感じられる一曲ですよね。

強く生きる力をもらえるSiMのライブの予習はDVDで!

SiMのライブってやっぱり激しい曲中心ではあるんですけども、その中でもThe Sound Of BreathやFall In Love With Youのような曲もあって。

曲のバリエーションがある中でも、どの曲にも共通しているのが強く生きる力をもらえるってところで。

MAHさんがワンマンなんかではほぼ毎回MCで言うんですよね、強く生きろって。この言葉ほどSiMの音楽にぴったりな言葉ってないんじゃないかなって思います。

ライブの予習に楽曲をチェックするのはもちろんいいんですけども、できればライブDVDなんかで実際のライブの感じも予習していって欲しいなーなんて思います。

ライブDVDって単純に映像作品としてみてもおもしろいですしね。

また、このブログにもSiMのライブのレポはありますので、よかったらそちらも参考にしていただければなーと思います。

以上、SiMのライブに初めて行く人へ、予習用セットリスト定番曲まとめ!でしたー。