【ライブレポ】陰陽座 TOUR2018「覇道」9/23ダイアモンドホール公演感想!

スポンサーリンク

陰陽座のツアー覇道の9/23ダイアモンドホール公演に参戦してきました!

アルバム覇道明王を引っさげてのツアーということで、覇道明王が今まで以上にメタル色が強いアルバムだったこともあって凄いライブになるだろうなーって思いながら楽しみにしていました。

ということで今回は陰陽座 TOUR2018「覇道」9/23ダイアモンドホール公演ライブレポとなります。

スポンサーリンク

覇道9/23ダイアモンドホール公演本編レポ

開演15分前ほどに会場入り、公演開始前の会場にはIRON MAIDENなどの往年のメタルバンドの曲が流れていて、なんというかメタルの現場だなーって感じましたね。

客層としては、メタルお兄さん風な方から女性は割と幅広い年齢の方がいましたね。和装できている人もいて、これぞ和をコンセプトにしたバンドならではの華やかさですね。

開始時間になり登場する陰陽座メンバー。サポートのドラムとキーボードを含めて6人でのステージ。

壮大な覇王から始まり、覇邪の封印以津真天とアルバムをなぞるように展開していきます。

覇王からすでに会場全体で拳が突き上がり、以津真天ではドラムビートに合わせてヘドバンがそこらじゅうで起きはじめる。メタルやV系のヘドバンって邦ロックのそれとはまた違って、各々が好き勝手に振り回してる感じが逆にカオスで。

力強いドラムとシンセからプログレッシブに展開していく組曲「鬼子母神」~産衣~。鬼子母神はアルバム全体が組曲という作りでしたが、ライブに合わせて単体で曲を持ってきてもしっかりと形になるあたりはさすがですね。

ここまで聴いてきて、もうなんというか単純にレベルの高さを感じますよね。ライブ参戦は邦ロック系が多いのもありますが、ここまでハイレベルかつ安定した演奏はなかなか聴けないですもん。

さらには黒猫さんの圧倒的な歌唱力。組曲「鬼子母神」~産衣や続く桜花忍法帖のように黒猫さんの中心の曲を聴くとその凄まじさがよくわかります。だって、音源よりもライブのほうがクオリティが高いんですもん、生で聴く黒猫さんのボーカルは凄まじいとしか言いようがない。

きれいなシンセの音と、ハードなバンドサウンドが対象的な腐蝕の王。ライブで聴くとサビの黒猫さんと瞬火さんのハモリも音源よりもお互いの声がはっきりと聴こえて、絡みつくようでこれがまたいいんですよね。

しかしこの腐蝕の王は黒猫さんの歌いまわしが漢字ばっかでカタカナのない曲を歌っているようには思えないように聴こえてきますよね。笑

瞬火さんのボーカル中心の一本蹈鞴も、これだけ歌唱力のある黒猫さんというボーカルと並べても決して劣らない瞬火さんの声の力強さ。この曲はベースソロもかっこよくって、全体的に瞬火さんの曲って感じで。

ミディアムテンポの飯綱落とし、王道メロスピナンバーの飯綱落としとさらに覇道明王から繰り出してきます。

瞬火さんにしろ黒猫さんにしろ、曲紹介のたびに何度も覇道明王のことを語るんですけど、覇道明王がホントに自信がある一枚だってことがすごく伝わってくるんですよね。

続いて接吻。これまでの陰陽座のアルバムとは違い覇道明王にはバラード曲がはいっていないため、過去曲のバラードから一番覇道明王と合いそうな曲ということでの選曲だそうです。

確かに接吻なら間違いない選曲だって納得できますし、一番合う曲として選ばれた曲が魔王戴天というアルバムから出てきたものであるってのもおもしろいですよね。

接吻で黒猫さんの歌声を思いっきり堪能し、そしてここからは覇道明王の中でも特にゴツい曲が続きます。

スラッシーなギターリフとパワフルなドラミングに瞬火さんのシャウトから疾走する、ツインギターの絡み合うプログレッシブな鉄鼠の黶と攻め立ててきます。

曲が激しくんなれば激しくなるほどステージ上のパフォーマンスも負けじと激しさを増して、長い髪を振り回す陰陽座メンバーのヘドバンはホントに絵になりますね。

ここまでで覇道明王の楽曲は一段落ということで、ここからは過去曲の時間。過去曲も覇道明王に負けじと激しい曲のオンパレードでヘドバンしすぎて頭もげるんじゃないかってマジで心配になるレベル。

ハイスピードナンバー鬼斬忍法帖ではフロア中で頭が振り回され、シンガロングも完璧。招鬼さんと狩姦さんのツインのソロも流石としか言いようがない。

舞頸でのシャウトも、招鬼さんがやや辛そうに叫ぶのに対して圧巻の瞬火さん。ここまで結構歌ってきてるのに、シャウトも完璧なのホントに凄いなこの人は。

さらに続いては王道的なメタルナンバー組曲「義経」~悪忌判官~。悪忌判官はもともとシングルでリリースされたのもあって、単体でもしっかりと通用する曲ですね。

プログレッシブかつスラッシーな式を駆る者で思いっきり頭振って拳突き上げて、ラストに覇道明王のお祭り曲である無礼講

無礼講は過去のお祭り曲に比べてかなりストレートなロックというか、本当に気持ちのいい曲ですよね。フロアから突き上がる無数の扇子が陰陽座のライブって感じですごくいい。

この無礼講での瞬火さんの尻を蹴り上げる真似をする黒猫さんがマジで可愛い。歌ってるときは圧倒されるのに、それ以外の時はホントに可愛い。

メンバー一同、一斉に万歳をしてまずは本編終了。メンバーが舞台袖に下がった瞬間に会場に響き始める陰陽座コール。いや、ちょっと早くない?ってレベル。笑

夢幻をバックに再び会場に姿を現すメンバー。アンコールは邪魅の抱擁からスタート!

ここで邪魅の抱擁が聴けたことが本当に嬉しくて、わたしにとってはじめて聴いた陰陽座のアルバムが夢幻泡影だったのもありこの曲にはかなりの思い入れがあって。

アンコールではゆっくり、なんて感じはサラサラなく侵食輪廻とスラッシュメタル全開のナンバーを立て続けに放ってきます。

では会場中から熱い声があがり、色濃い和のテイストのリフがめちゃくちゃかっこいい羅刹でアンコールはシメ。

破壊力だけでいえば本編の曲を超えているような、瞬火さん曰くトドメを刺しにいった全力のアンコール。実際わたしはこのへんで首がかなり限界でしたもん。笑

一度下がり、さらにあがる陰陽座コール。やっぱり陰陽座のライブはこの曲なしでは終われない、ダブルアンコールでは悪路王

スラッシーなリフに合わせて限界間近の首を振り回し、黒猫さんの煽りにノセられて思いっきり声を出して。この時の黒猫さんの煽り方がまためちゃくちゃ可愛いんですよね。

ひとしきり暴れ終わって、もうほとんど満足してたんですけどもさらにトリプルアンコールで登場。MCの瞬火さんがすっげーポンコツな感じでちっち笑っちゃうぐらいだったんですけども、最後を締める曲は生きることと見つけたり

扇が舞い上がり、会場中で歌い上げる一体感の中でライブ終了。これまでにないぐらいに、圧倒的に攻撃力の高い陰陽座の妖怪ヘヴィメタルを感じることができました!

覇道9/23ダイアモンドホール公演セットリスト

セットリストのまとめです。

  1. 覇王
  2. 覇邪の封印
  3. 以津真天
  4. 組曲「鬼子母神」~産衣~
  5. 桜花忍法帖
  6. 腐蝕の王
  7. 一本蹈鞴
  8. 飯綱落とし
  9. 接吻
  10. 鉄鼠の黶
  11. 鬼斬忍法帖
  12. 舞頚
  13. 組曲「義経」~悪忌判官~
  14. 式を駆る者
  15. 無礼講

Encore

  1. 夢幻
  2. 邪魅の抱擁
  3. 侵食輪廻
  4. 羅刹

W Encore

  1. 悪路王

T Encore

  1. 生きることとみつけたり

セットリストは覇道明王の曲はすべて入っていて、過去曲も覇道明王の曲と並べても戦えるようなハードな曲が揃っていましたね。

アンコールも盛りだくさんで、ホントに充実したセットリストでした。

覇道9/23ダイアモンドホール公演を終えて

アルバム覇道明王がゴリゴリにヘヴィメタルなアルバムでしたし、めちゃくちゃ熱いライブになるんだろうなーって開始前から思ってはいたんですけども想像以上でしたね。

アルバム外の曲もどれも聴きたかった曲ばかり演ってくれて、もうホントに大満足です。

今回はピックもゲットできちゃいましたしね、嬉しいライブになりました。笑

ちなみに今回一番ビックリしたのは狩姦さんがパッツンじゃなくなってたことでした。いつの間にかオサレな髪型になってた……。

以上、陰陽座 TOUR2018「覇道」9/23ダイアモンドホール公演ライブレポでしたー。それではまたー。