【ライブレポ】BLUE ENCOUNT「LIVER’S CREW TOUR 2018 ~QUATTRO REBELLION~」10/31名古屋CLUB QUATTRO公演感想!

スポンサーリンク

BLUE ENCOUNTのモバイル会員LIVERS CREW限定ライブツアーLIVER’S CREW TOUR 2018 ~QUATTRO REBELLION~名古屋公演に参戦してきました。

もともと会員ではなかったのですが、フェスどころかワンマンでもなかなかやらないような曲が聴けるんじゃないかって期待をもって、ツアーの発表の瞬間に会員になってチケット申し込んでいました。笑

いやね、初期の頃のブルエンってマジで名曲が多くって、こういう機会でもないと聴けないだろうって曲が多すぎるんですよね。

ということでLIVER’S CREW TOUR 2018 ~QUATTRO REBELLION~10/31名古屋CLUB QUATTRO公演ライブレポになります。

スポンサーリンク

ライブレポ

開演前

今回は整理番号がだいぶよくって、なんと40番代。クアトロがいくら狭いっていってもこれは嬉しい。

ということでいつもはダラダラと開演ギリギリにいったりするんですけど、この日はちょっと早めに会場に向かいました。

開場に合わせて入場して、上手側に入って最前から3列目ぐらいの位置に入れました。ここまでいい位置に入れたのは初めてかもしれない。

クアトロ参戦も初めてだったんですけど、ステージ近いし低いしでフロア構造はかなりいいですね。ほぼ丸一時間待つのはちょっとしんどかったですけども。笑

待ってる間はずっとRIP SLYMEが流れてて、今回の活動休止を受けてなんでしょうけども、なんか懐かしいなーなんて思いながら聴いてました。

ブルエンメンバーもわたしとほぼ同世代なのでRIP SLYMEは中高生時代にど真ん中だったと思うので、いろいろと思うところはあるんだろうな。まぁRIP SLYMEを懐かしいと思える世代の子が開場にどれくらいいたかわかりませんけど。笑

開演10分前ぐらいからアナウンスが流れ、アナウンスのお姉さんがあんな曲も聴けるかも!?なんて煽ってくるので一気にテンション上がりますね。ちょっと噛んでたのはアレでしたけど。

ライブ本編

登場SEが流れ出しメンバー登場。いや、近い!ステージめっちゃ近い!そんでもってスピーカーもかなり近くって、普段のライブよりも迫力がちょっとやばい。

メンバー出揃って、田邉さんのアカペラから始まるのはまさかのAI。今回のツアー前にツイッターでカップリングとか演るよーなんてこと言ってましたが、初っ端からきてくれるのは予想外でしたね。ってか度肝抜かれすぎて最初なんの曲かわかんなかったですもん。笑

さらに続いてもワナビィ。カップリング曲2連続ってちょっと攻め方すごい。わたしが上手側入ってるのって江口さんのギタープレイを観たいからなんですけども、もうこの時点でめっちゃ気持ちいいぐらいピロピロしてくれて楽しすぎる。

レア曲が続いてからの定番曲LAST HERO。いやー、このライブはいっそ定番曲なくていいんじゃねってぐらいに思ってましたけど、やっぱりこのあたりの曲が始まると空気変わりますね。一斉に声が上がりますし押し込みも一層激しくなる。

挨拶を挟んでのwake me up。この曲もまたまたカップリング、ミディアムテンポながら楽器隊が暴れまくりで、生で聴くとブルエンの演奏力ってやっぱ高いよなぁって思わせられます。

ブリブリのベースサウンドが体を揺らすS.O.B。各パートのソロではメンバーがガンガン前にできていて、演奏もそうですし圧倒的距離感がちょっと半端ない。

いやね、カップリング曲って完全には押えられてなかったので今回のライブ前に予習してたんですけども、ここまでカップリング曲を並べてもらえるならホント予習した甲斐がありました。しっかしカップリングのレベル高すぎないかマジで。

辻村さんの煽りからのNEVER ENDING STORY。この曲も一応カップリングといえばカップリングかな?EPのうちの一曲ではあるけど。気持ちのいいくらいブルエンとファンが一体になれる曲。この曲はもうライブで育ってきた曲だって言い切っちゃっていいと思うんです。

続くSurvivorもライブで何度も聴いてきた曲だけども、やっぱりLC限定ライブだけあって盛り上がり方がいつもよりも格別。定番曲って言葉にしちゃうと軽く感じますけど、これって要するにライブで多く演奏されて研かれてきたってことですもんね。

MCではメンバーそれぞれの好きなカップリング曲の紹介だったり、パラノイアやEVEを演ってくれそうで演ってくれなかったりでちょっと残念感もありつつ、新曲FREEDOM。この曲、昔のブルエンの雰囲気を持ちつつ今のレベルで作られた楽曲というか、懐かしくも最新のブルエンって感じがすごくするんですよね。

先行配信されてからは結構な頻度で聴いてましたけど、生で聴いてもやっぱりめちゃくちゃかっこいい。演奏もさすがの安定感で、間違いなく今後のライブでもブルエンの代表曲になりえる曲だと思います。

田邉さんがアコギに持ち替えてのさよなら。この曲に関してはここでゆったりしたバラードを挟むのは全然いいんですけど、なんつーかセットリスト全体から見てもちょっと浮いてるかなって気がします。レア曲ってわけでもないし、かといって定番曲というには……っていう。

さよならでひとしきりしっとりしたあとは、ラストに向けてアグレッシブな曲が続いていきます。まずはKICKAS。今年のTreasure05Xでも演ってくれましたけど、この曲ホントにかっこいい。思いっきり声出して叫びたくなる。

大好物のピロピロギターサウンドのロストジンクス。ソロも含めて江口さんのギターの見どころの多い曲だし、近くでギタープレイが思いっきり観てられるのが最高すぎる。サビの突き抜ける爽快感やシンガロングもホントに気持ちいい。

さらにはインディーズ時代の曲ONE。ONEが今回のライブでも一番の盛り上がりだったかもしれない。古い曲だけどフロアの反応は最高によくって、シンガロングまでホントに完璧。何度も何度も煽られて返すの気持ちのいい一体感。ダイバーもガンガン飛んできてかなりエグい状態でした。

DAY×DAYVSとラストは定番曲でフィニッシュ。いつもの曲もこんな特別なライブの最後を締める曲だと思えば格別。盛り上がりもすごかった。

アンコール

本編が終わり、もっと光をでのコールがフロア中から上がり始めます。なんかこのもっと光をがアンコールになってるのって今でもちょっと笑っちゃうんですけど、これもまぁブルエンらしいですよね。

アンコールに答えて登場してくれた物販隊長高村さん、なんかもう半端ないテンションですべてを出し切ってアンコールにつなげてくれました。今回グッズが少なかったのがまだ救いだったかな?笑

アンコール一曲目はFREEDOMのカップリングの二曲目ミュージック。田邉さんが着いてきてね?ってお願いしてくるぐらいにガチャガチャしてる複雑な曲なんだけど、サビはキャッチーだったりノリやすい曲でもあって今後のライブでもめっちゃ盛り上がりそうだし、演奏もめちゃくちゃ派手。こういう曲ってホントにブルエンだからこそできる曲だよなぁ。

続いてはHALO。いやもう今回のライブで一番聞きたかったのがこの曲で、わたしがブルエンを聴くきっかけになった曲でもある。ライブならではのコーラスワークも素晴らしくって、はじめての生のHALOが聴けたのがホントに嬉しすぎる。この曲のエモさこそがブルエンの真骨頂ですよ。

ラストは滑り込みでシングルに入れたというそれでも、君は走り続ける。みんなで歌いたい、育てていきたいと田邉さんが語り、もっと光をを差し置いてまでこの曲をラストにしたことからもわかるくらいに、今のブルエンにとってすごく特別な曲なんだろうなって思う。

この曲がこれから育っていくかどうかはたぶんわたしたちファン次第なんだろうけども、この日のライブを思い返せばそりゃ育たないわけないよなーと。それくらいホントにいいライブでした。

ラストはサインボール投げたりタオルバズーカで飛ばしたりのファンサから写真撮影。ライブ中はほぼずっと前の方にいられたので写真にもしっかり映ることができました。笑

セットリスト

今回のセトリは以下の通りでした。

  1. AI

  2. ワナビィ

  3. LAST HERO

  4. wake me up

  5. S.O.B

  6. NEVER ENDING STORY

  7. Survivor

  8. FREEDOM

  9. さよなら

  10. KICKAS

  11. ロストジンクス

  12. ONE

  13. DAY×DAY

  14. VS

encore

  1. ミュージック

  2. HALO

  3. それでも、君は走り続ける

序盤はカップリング曲中心に、後半は新曲FREEDOMからのONEなんかのインディーズ時代の曲を交えつつの定番曲のオンパレード。

いやもうね、控えめにいって神セトリでしたね。そりゃね、この曲も聴きたかったーなんて言いだしたらキリがないですけど、でも時間に限りがある中でこれだけの曲を揃えてくれたのはやっぱり素晴らしい。

今回、英断だなーって思ったのはもっと光ををやらなかったことですね。あとはまぁ、定番曲もうちょっと減らしてインディーズ時代の曲増やしてくれても良かったかも?って結局言っちゃうんですけども。

それでもこれだけ普段聞けないような曲を聴くことができて、めちゃくちゃ満足なセットリストでした。

ライブを終えて

今回はLC会員限定ツアーということもあって、カップリング曲中心のかなりマニアックなセットリストではあったんですけども、ただレアな曲を並べたってだけでもなくってカップリング曲というものに対する思いのようなものを感じるんですよね。

カップリング曲っていうとシングルのおまけみたいなイメージがどうしてもつきまとっちゃうんですけども、作ってる方からしたらカップリングだからって適当に作ってるわけでもないし。

それこそFREEDOMのカップリングであるミュージックそれでも、君は走り続けるを披露しているように、カップリングって言葉だけにとらわれないでしっかりと曲と向き合ってほしいっていうようなブルエンの思いのようなものを感じるんですよね。

だからこそ今回みたいなセットリストが実現したんだと思うし、実際どの曲を切り取ってもカップリングだとか関係ないくらいにかっこいい曲が揃ってるってのはもうホントに間違いないわけで。

いやもうね、ホントにいいライブだった。何回も言いたいぐらいに。笑

申し訳ないけれど、6月のZeppと比べても遥かに楽しかった。ちょっと比べちゃいけないんじゃないかってくらいに。

今回は今までにないくらいにいい位置でライブに参戦できたし、スピーカー近すぎて耳鳴りするのもはじめての体験。いやまぁ、ライブで耳やられちゃうのは割とシャレにならないので、次回以降の物販ではグッズの耳栓購入も要検討ですねこれは。

LC限定ライブのツアーは今回が初めての開催だったんですけども、次回以降もぜひ続けて欲しいなーって思います。そんなに頻度高くなくてもいいので、ほどよくプレミア感が出るくらいで。笑

以上、BLUE ENCOUNT「LIVER’S CREW TOUR 2018 ~QUATTRO REBELLION~」10/31名古屋CLUB QUATTRO公演ライブレポでしたー。それではまたー。