coldrain主催「BLARE FEST. 2020」の出演バンドを大胆予想してみる!

スポンサーリンク

2020年2月1日、2日に開催が予定されているcoldrain主催フェスBLARE FEST.2020

盟友ともいえるTRIPLE AXEのSiM、HEY-SIMITHはすでに大規模フェスを何度も成功させている中で、満を持してcoldrainも主催フェスを開催することとなりました。

前身となる主催イベント、BLARE DOWN BARRIERSの過去を遡ってみてもどう考えても豪華バンドが揃うことしか考えられないこともあって、BLARE FESTにかかる期待もめちゃくちゃでかいです。

チケットの先行販売もはじまり、そろそろ出演バンドが発表されそうなタイミングとなってきましたので、このあたりで個人的な願望コミコミの出演バンド予想をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

過去のBLARE DOWN BARRIERS出演バンド

まずは過去のBLARE DOWN BARRIERSに出演したバンドたちのおさらいです。

解散してしまったバンドや活動休止中のバンドもいますが、まずは過去にBLARE DOWN BARRIERSに出演したバンドたちは高確率で出演してくれるんじゃないかなと思います。

  • Pay money To my Pain

  • SiM

  • Crossfaith

  • MISSPRAY

  • GLORY HILL

  • LAST ALLIANCE

  • Northern19

  • ONE OK ROCK

  • OUTRAGE

  • Fear,and loathing in Las Vegas

  • HEY-SMITH

  • RUNNNERS-Hi

  • lynch.

  • EGG BRAIN

  • UPLIFT SPICE

  • ROTTENGRAFFTY

  • ギルガメッシュ

  • MAN WITH A MISSION

  • RIZE

  • None Of Your Business

  • TOTALFAT

  • NAMBA69

  • The BONEZ

  • FACT

  • BLUE ENCOUNT

  • NOISEMAKER

  • [Alexandros]

  • ACIDMAN

  • Crystal Lake

  • MIYAVI

  • 04Limited Sazabys

  • BRAHMAN

  • サンボマスター

  • WAGE WAR

  • MONOEYES

正直、見返しててもとんでもないメンツだなと思いますね。基本的にこの中のバンドがフェスの中心になってくるのは間違いないと思いますし、ホントに期待しかないですね。

出演バンド予想

さてここからは願望と妄想と予想のお時間です。過去のBLARE DOWN BARRIERS出演バンドや、coldrainとの関係性も考えて予想していきたいと思います。

TATと3Cはほぼ確定

coldrainとの関係性の深いTRIPLE AXEのSiMHEY-SMITH、そして3CとくくられるCrossfaithCRYSTAL LAKE。この4バンドの出演はほぼ確定と言っていいのではないでしょうか。

お互いのイベントにも呼び合っていたり、楽曲でのフューチャリングやライブでのコラボも多い。これらのバンドが集まらないBLARE FEST.なんて嘘みたいなもんですし、ファンとしても間違いなく期待しているところだと思います。

実際にBLARE FEST.の舞台でコラボも観られそうですし、ぜひとも応えてほしいところですよね。

名古屋枠の有力バンド

やっぱり地元名古屋で開催するということもあって、名古屋ゆかりのバンドは呼ぶと思うんですよね。

地元名古屋かつある程度の集客力を考えて04 Limited SazabysSPYAIRはかなり有力じゃないかなと思います。

また、同じく名古屋枠かつ音で壁を壊すというかつてのBLARE DOWN BARRIERSの趣旨にも沿ったlynch.の出演も期待できそうです。

若手名古屋枠としてENTH、ベテラン名古屋枠としてOUTRAGEあたりが出演してくれると、他のフェスとの差別化にもなってくるんじゃないかなと思いますね。

先輩バンドたち

先輩バンドに関しては正直なところ予想が難しいところはあるんですが、最有力はマキシマムザホルモンですね。

2019年のホルモンのツアーにcoldrainがゲストで出演したときにもオファーしていましたし、出演はしてくれるんじゃないかと思います。(その場では断られてましたが笑)

BLARE DOWN BARRIERSの出演バンドでいったらあとはROTTENGRAFFTYサンボマスターBRAHMANあたりでしょうか。MIYAVIが出てくれたりするとまた面白くなりますね。

The BonezはPTPのことも考えれば出演は有力と言ってもいいところではあるんですが、バンド自体の状況が状況なのでね……。ワンチャン、Pay money To my Painとして出演してもらって出演バンドのボーカリストたちが歌うみたいなのは激アツですけどさすがに難しいですね。笑

個人的な好みを付け加えるなら、先輩バンドかというと若干微妙なところではあるのですが、元FACTメンバーのSHADOWSNAMBA69あたりが出演してくれるとまたラインナップ的にも充実してきそうですね。

中堅ラウドバンド

coldrainや出演が予想されるバンドたちとの相性も良さそうな、中堅クラスのラウドバンドたちも何組かは呼ばれると思います。

やっぱり最有力はSURVIVE SAID THE PROPHETでしょうか。フェスでのcoldrainとのコラボもよく見かけますし、バンドとして今かなり上り調子ですのでイベントに勢いをつけてくれそうです。

NOISEMAKERa crowd of rebellionあたりもcoldrainの2018年のツアーでゲストとして出演してくれてますし、出演してくれる可能性はありそうです。

若手ハードコア・メタルコア・ラウドバンドたち

coldrainがブッキングするわけですから、国内の若手のポストハードコア・メタルコア・ラウド界隈のバンドたちにもぜひ声をかけてほしいところ。

特に比較的最近共演したPALEDUSKAzamiあたりはなかなかフェスに呼ばれることも少ないので、ぜひともcoldrainには呼んでほしいなと思います。

FOADも期待してましたが活動休止がアナウンスされちゃいましたからね……。

さらに妄想を付け加えるなら、GraupelSable Hillsあたりのメタルコア勢もぜひ呼んでほしいなぁとは思っています。今までcoldrainとは接点もほとんどなさそうなので、なかなか厳しいかなとは思いますが。

名古屋枠の中にDEXCOREあたりがきてもおもしろいんですけどね、イベントの趣旨的にも逆にぴったりですし。

まぁこのあたりはめちゃくちゃ妄想と願望たっぷりですね。想像するだけならタダですから!

海外バンドの出演は?

coldrainが主催するとなると、海外バンドの招聘にも期待したくなるところです。

直近のBLARE DOWN BARRIERSにも出演したWAGE WARは有力候補の一つでしょうか。

他にも2018年のLOUD OR NOTHINGで招聘したCROWN THE EMPIREPVRISあたりも候補に入ってくるかなと思います。

あとはRunawayでフューチャリングに参加してくれたPapa Roachなんかも期待しちゃってもいいかもしれませんね。

そしてなによりも、二度の海外でのツアー帯同や日本でも一緒に回ったBullet for My Valentineは一番期待のかかるところじゃないでしょうか。

BFMVがくるとなれば正直めちゃくちゃアツいですよね。圧倒的なビッグネームですし、もし実現すればお高いチケット代も全然納得できちゃいます。

海外バンドに関してはcoldrainがどれだけのバントと親交があるのかはっきりとはわからないので想像つかないところもあるんですが、coldrainがブッキングすることを考えたらぬるい海外バンドは来ないと思うのでそこは信頼していいかなと思います。

ONE OK ROCKはたぶん出ない

おそらく期待している人もいると思いますが、個人的にはONE OK ROCKは出演しないんじゃないかなと思っています。

バンドの関係性を考えたらもちろん出演してくれる可能性は全然あるとは思うんですけども、いきなりワンオクが出ることはないのかなと思っています。

例えば、これが一回きりのイベントだというのであればまた変わってくるとは思います。でも、毎年やっていこうというのであれば、やっぱりワンオクは二回目以降のほうがいいと思うんですよね。

正直どうなるかはわかりませんし、現段階のワンオクのスケジュールを見る限りは空いてはいるんですよね。なのでもしかしたらもしかするかもしれないなとは思います。

まぁでも、あまり期待しすぎないほうがいいんじゃないかなとは思っています。

BLARE FEST.2020への期待感の高さ

とりあえず個人的な出演バンドの予想はここまでで。

もしかしたら海外からとんでもない大物バンドが出てくるかもしれないし、国内でも予想外のところから出てくる可能性もあります。

これはあくまで期待と願望の混ざった妄想と予想なので、あとは公式からの発表を待つのみですね。

とはいえ、もうどう考えてもやばいフェスになるのなんてのはわかりきってることではあるんですよ。特に第一回は間違いなく気合が入ってるはずで。

期待しかしてないですし、すでにチケットも確保しましたし。このまま名古屋のフェスとして定着して今後も続いていってほしいなというのがわたしの一番の願いですね。

それではこのあたりで、答え合わせは公式発表を待ちましょう。

答え合わせ①

さて、11/4に第一弾ラインナップが発表されました。

まず国内バンドからは、

  • 04Limited Sazabys

  • Crossfaith

  • CRYSTAL LAKE

  • HEY-SMITH

  • lynch.

  • SHANK

  • SiM

  • SUPER BEAVER

の8組。

まぁ妥当なところといいますか、いい意味で予想通りのメンツですね。

これで3CとTATは揃ったことになります。フォーリミ、lynch.と名古屋バンドが揃ったのも嬉しいですね。

SUPER BEAVERはMasatoさんの結婚式の写真に渋谷さんがいたのでまぁ呼ばれるんだろうなとは思ってました。SHANKは予想外でしたが、まぁそれほど不思議ということもないですね。

そして海外バンドは2組。

  • FEVER 333

  • THE WORD ALIVE

いや、やっぱり一番のポイントはFEVER 333ですね。

世界的にも大きく注目されているFEVER 333をブッキングできるなんて!CrossfaithやCrystal Lakeもそうだけど、3Cの方々ちょっとブッキング強すぎません????

いやもうこの発表だけでブチ上がりましたし、まだまだ発表されたのはたった10組。全部で30組以上ということなので、間違いなくこれ以上のサプライズがあるわけです。やっべーーーー!

もうホントに期待しかないですね。こんなフェスが地元名古屋で観られるなんて……この上ない幸せがすぎるな……。まだまだ楽しみが尽きませんね。

以上、coldrain主催「BLARE FEST. 2020」の出演バンドを予想してみるでしたー。